メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

服飾

性の垣根越える挑戦 安田講堂でファッションショー

ブローレンヂの松村智世さん(左)と、松村さんがデザインしたワンピースを着る男性=ブローレンヂ提供

「女性装」の安冨教授ら企画

 性別で区別せず自由な服装を楽しむことで、社会の新たな可能性を探るファッションショーが6月3日、東京大学安田講堂(東京都文京区)である。「女性装」で知られる東大東洋文化研究所の安冨歩教授(55)らが企画した。ショーには性的少数者も参加。男性の骨格に合った可愛いワンピースなどを披露する。シンポジウムもあり、主催者は「ファッションから男女の垣根を取り払うことで、社会の多様性について考えたい」と話している。

 安冨教授と、既製服ブランド「blurorange(ブローレンヂ)」(大阪市北区)代表でデザイナーの松村智世さん(32)が企画。大手百貨店の丸井グループなどと主催する。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです