メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊紙

原発の危険訴え 「はんげんぱつ新聞」創刊40年

4月に発行した第481号までのバックナンバーを前にする西尾さん=東京都新宿区で、安高晋撮影

 原発に反対する各地の活動や、原発に絡むさまざまなデータを伝える「はんげんぱつ新聞」が今月、創刊から40年を迎えた。B4判4ページの小さな月刊紙だが、30年にわたって編集長を務める西尾漠さん(71)は「原発に反対する人にとって、情報交換や必要な知識を得る場になってきた」と振り返る。【安高晋】

 創刊は1978年5月。その4年前、原発をつくる自治体に国が交付金を出す制度ができた。「国が原発推進の前面に出るようになった。各地で別々に反対の声を上げていた住民から、仲間が必要という声が上がった」ときっかけを語る。

 西尾さんはもともと広告制作会社で勤務していたが「大手の広告会社が原発反対運動に関わる住民の人脈図を…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  2. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  3. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです