米朝首脳会談

側近訪米、体制保証感触探る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長は30日に滞在先の北京を出発、米ニューヨークでポンペオ米国務長官と会談する。トランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てた今月24日の書簡への「返信」を、金英哲氏が携えているとの観測も出ている。南北軍事境界線上にある板門店、シンガポールでも各レベルで事前協議が行われており、史上初の米朝首脳会談の6月12日開催に向け、3カ所で最終調整が進められている。

 聯合ニュースによると、金英哲氏は30日午後、北京空港からニューヨークへ向かった。2000年に故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の特使として訪米した故・趙明禄(チョ・ミョンロク)国防委員会第1副委員長以来、18年ぶりの北朝鮮指導者の側近の訪米となる。趙氏は当時、クリントン大統領とも会談し、互いに敵対的な意思を持たないことなどを盛り込んだ「米朝共同コミュニケ」が発表された。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1293文字)

あわせて読みたい

注目の特集