メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ

ロシア人記者殺害は偽情報、本人が会見に登場

射殺されたと報じられた後、記者会見場に現れたバブチェンコ記者(中央)。右はウクライナの検事総長、左は保安庁長官=キエフで2018年5月30日、ロイター

 【モスクワ大前仁】ウクライナ警察は29日、首都キエフで、ロシア出身でプーチン政権を批判していた記者が射殺されたと発表した。だが、30日になって一転、記者本人が記者会見場に登場し、治安当局と相談して「殺人劇」を演出したことを明らかにした。ロシアの関係機関による記者の暗殺計画を事前に察知し、これを防ぐために流した偽情報だったという。

 この記者はアルカディア・バブチェンコさん(41)。ウクライナ警察は当初、キエフ市内の自宅で何者かに銃撃され、搬送中に死亡したと発表。ロシア滞在時のバブチェンコさんは、ロシア軍が関与してきたウクライナやシリアの情勢を報じ、プーチン政権を批判していた。そのため関係機関などから脅迫を受け、2017年からキエフに滞在していた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 東京アラートって、いったい何? 再び感染増でも発令せず “旧”基準2指標上回る

  4. 日本のコロナ対策は大失敗だったのではないか

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです