メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ

ロシア人記者殺害は偽情報、本人が会見に登場

射殺されたと報じられた後、記者会見場に現れたバブチェンコ記者(中央)。右はウクライナの検事総長、左は保安庁長官=キエフで2018年5月30日、ロイター

治安当局と相談し「殺人劇」演出を明らかに

 【モスクワ大前仁】ウクライナ警察は29日、首都キエフで、ロシア出身でプーチン政権を批判していた記者が射殺されたと発表した。だが、30日になって一転、記者本人が記者会見場に登場し、治安当局と相談して「殺人劇」を演出したことを明らかにした。ロシアの関係機関による記者の暗殺計画を事前に察知し、これを防ぐために流した偽情報だったという。

 この記者はアルカディア・バブチェンコさん(41)。ウクライナ警察は当初、キエフ市内の自宅で何者かに…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文541文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです