博多の初夏

色鮮やかなのぼり 風物詩「船乗り込み」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 博多の初夏を彩る風物詩「船乗り込み」が30日、福岡市博多区の博多川であった。博多座(同区)で6月2日から始まる大歌舞伎公演を前に、出演する歌舞伎俳優をお披露目する恒例行事。俳優21人を含む約120人が色鮮やかなのぼりを立てた船10隻に乗り、約800メートルを下った。

 今回の公演は二代目松本白鸚(はくおう)…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文301文字)

あわせて読みたい

注目の特集