メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白神山地

全身真っ黒ツキノワグマ 写真家、撮影に成功

 青森・秋田県境の白神山地の西側にそびえる二ツ森(1086メートル)で、「生命誌写真家」の江川正幸さん(64)=秋田県八峰町在住=が全身真っ黒のツキノワグマを発見し、約20分間の動画撮影に成功した。胸に白い「ツキノワ」がないため地元のマタギの間では「ミナグロ」と呼ばれ、マタギでも遭遇するのはまれ。非常に珍しく、古くから山の神の使いとして知られている。

 発見したのは、4月29日午後5時前。この日、後輩のカメラマンと2人で二ツ森の広葉樹林に入った。その際、幹の直径約60センチの大木に登り、寝ていたところを見つけた。その後、大木で動き回ったり、排せつしたりする姿が撮影された。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想の住民投票始まる 深夜に大勢判明 大阪市廃止の賛否問う

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」? 「書類送検」報道を考える

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです