メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山

「紀州のドン・ファン」遺体から多量の覚醒剤成分

自宅で死亡の77歳の資産家から検出される 第三者関与か

 和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77)が24日、自宅で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。野崎さんは資産家として知られていた。

 捜査関係者によると、野崎さんは24日夜に同市朝日ケ丘の自宅で倒れ、その後死亡が確認された。目立った…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. サウジ記者死亡 騒がれパニック、首絞める 「殺意ない」
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです