メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新大関・栃ノ心

けがと闘う力士の「手本」にも

 大関昇進が決まった栃ノ心は伝達式で、よどみなく「力士の手本になるように稽古(けいこ)に精進します」と口上を述べた。記者会見では、その真意について「若い力士が自分をまねるぐらい、稽古を頑張りたいということ」と語った。

 新入幕から所要60場所での大関昇進は、二代目増位山と並び歴代で最も遅い。出世の遅れは、右膝の大けがで幕下にまで落ちたことが影響している。2006年春場所の初土俵から約2年という早さで新入幕を果たしたが、13年名古屋場所中に右膝の靱帯(じんたい)を断裂し、その…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです