メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!W杯

オフサイドって何?

=iStock

 サッカーの醍醐味(だいごみ)、ゴールシーン。味方のキラーパスを受け、そのままダイレクトにシュート! ゴールのはずが、あれ? 解説者が「オフサイドでしたね」と一言。得点は認められず、オフサイドって何? どこが反則だったの?と思う場面も多いのではないでしょうか?

 オフサイドは「ゴール前に張り付いて味方のボールを待ち伏せするひきょうな攻撃を防ぐ」ためのルール。相手陣内でプレーしている攻撃側が、相手ゴール方向にパスを出す際、パスの受け手より前にGKを含め相手選手が2人以上いないと反則になります。攻撃側の反則行為として、サッカー競技規則第11条に定められています。オフサイドの位置にいても、直接受けたボールがゴールキック、スローイン、コーナーキックの場合は反則になりません。

 オフサイドの位置にいた選手が反則となった場合、その地点から相手チームの間接フリーキックで試合は再開されます。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです