メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国民栄誉賞

被災地の光に 羽生選手に来月授与

平昌五輪のフィギュアスケート男子フリーの演技を終え、感情を爆発させる羽生結弦選手=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月17日、佐々木順一撮影

 政府は1日、今年2月に韓国で開催された平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、同種目66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦選手(23)に国民栄誉賞を授与することを正式に決めた。安倍晋三首相が決定し、菅義偉官房長官が同日午前の閣議に報告。7月2日に表彰式を行う。スケート界では初、個人としては最年少の受賞となる。

 羽生選手は日本スケート連盟を通じ、「身に余る光栄です。今回の平昌五輪において、多くの方々の素晴らし…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文830文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです