米国

鉄鋼輸入制限 カナダも対抗関税 貿易摩擦が激化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ウィスラー(カナダ西部)清水憲司】欧州連合(EU)とカナダ、メキシコ両政府は5月31日、米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に対し、米国からの輸入品に高関税を課す対抗措置を取ると表明した。これに先立ちトランプ米政権は6月1日から、一時的に適用除外としていたこれら3カ国・地域に追加関税を課すと発表。貿易摩擦は米中間に続き、米欧間や北米でも激化してきた。

 カナダのトルドー首相は5月31日、首都オタワで「全く受け入れられない」と演説し、米国製の鉄鋼製品に25%、アルミや食品、ウイスキーなどに10%の対抗関税を7月1日から課す方針を表明した。メキシコも鉄鋼や食品、農産物などに対抗関税を発動する方針を発表。EUは6月20日にもバーボンやオートバイなど米有力政治家の地元産品への対抗関税を実施する構えで、トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争は世界規模に広がる見…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文772文字)

あわせて読みたい

ニュース特集