メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

香川県・小豆島(映画「魔女の宅急便」) 小豆島フィルム・コミッション統括プロデューサー・有本裕幸さん

絵になる自然を観光資源に 有本裕幸さん(55)

 小豆島では、映画「二十四の瞳」「8年越しの花嫁奇跡の実話」やドラマ「Nのために」など、さまざまな作品のロケが行われてきました。美しい海と山と空があり、宿泊施設も多くて撮影しやすい。撮影時には島の人々の協力が欠かせませんが、エキストラなどで自分たちが出演した作品がスクリーンに映し出された時の達成感は格別です。

 近年、ロケ地を観光資源として活用する「ロケツーリズム」という言葉が注目されていますが、小豆島でもロ…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです