メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立安積高/1 多感な時代に興味追求 作家・玄侑宗久さん /福島

作家・玄侑宗久さん=88期生(1974年度卒)

 「母校をたずねる」は、県立安積(あさか)高校(郡山市開成5)編をお届けします。「安高(あんこう)」の愛称で親しまれ、開拓者精神と質実剛健、文武両道を掲げる伝統校です。初回は88期生の作家、玄侑宗久さん(61)=1974年度卒=です。文学や宗教への関心の一方で、剣道にも打ち込んだ多感な高校時代を振り返ります。【笹子靖】

 安高に入って最初に感動したのは、上級生の男声合唱で応援歌「紫の旗ゆく所」を聴いた時です。実に荘厳で…

この記事は有料記事です。

残り1993文字(全文2226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです