連載

ぐるっと東北・母校をたずねる

東北各地の高校を卒業した著名人のインタビューや、学校の伝統行事、新しい取り組みなどをリポートします。

連載一覧

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立安積高/1 多感な時代に興味追求 作家・玄侑宗久さん /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

作家・玄侑宗久さん=88期生(1974年度卒)

 「母校をたずねる」は、県立安積(あさか)高校(郡山市開成5)編をお届けします。「安高(あんこう)」の愛称で親しまれ、開拓者精神と質実剛健、文武両道を掲げる伝統校です。初回は88期生の作家、玄侑宗久さん(61)=1974年度卒=です。文学や宗教への関心の一方で、剣道にも打ち込んだ多感な高校時代を振り返ります。【笹子靖】

 安高に入って最初に感動したのは、上級生の男声合唱で応援歌「紫の旗ゆく所」を聴いた時です。実に荘厳で、後にお経を聴いた時に味わった「胴震い」を感じました。

この記事は有料記事です。

残り1966文字(全文2226文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集