エネルギー基本計画

改定案 高浜町長、国に不信感 /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力高浜原発がある高浜町の野瀬豊町長は5月31日の会見で「(原発を)やめるなら、やめるで、はっきりしてほしい」と国に注文した。経済産業省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案は原発の建て替えなどが盛り込まれず、中長期的な原子力政策を明らかにしない国に不信感を示した形だ。

 改定案は、2030年度の目標とする原発の電源構成を従来の20~22%に据え置いた。目標達成に必要とされる…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集