メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

日本の精神医療確立・呉医師描く「夜明け前」 県内上映会、福井医療大・幸准教授が計画 /福井

映画のチラシを前に、呉秀三の功績を語る福井医療大の幸信歩准教授=福井市江上町で、大森治幸撮影

 2日に東京で封切られる映画「夜明け前」の県内上映会を、福井医療大准教授の幸信歩(しほう)さん(51)が計画している。日本の精神医学医療を確立した呉秀三(1865~1932年)を描いたドキュメンタリー作品で、自身も精神障害のある人に向き合う作業療法士の幸さんは「映画を通じて、心のバリアフリーが進めば」と期待している。【大森治幸】

 明治期まで、精神障害者の人権は制限されてきた。隔離収容が黙認され、自宅に閉じ込める「私宅監置」も合…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです