メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中小企業、働き方改革へ アドバイザー派遣 /三重

 県は県内中小企業を対象に長時間労働の是正や休暇取得の推進などワーク・ライフ・バランス事業を加速させるため「働き方改革アドバイザー派遣事業」を展開する。県の受託を受け、アドバイザーを務める中部システムセンター(津市、田中裕嗣社長)と、クレア(松阪市、柴田佐織社長)が5月31日、松阪市で記者会見して発表した。

 対象となるのは働き方改革に取り組む意欲がある13~16社。8月から来年1月にかけて1社当たり5回まで、アドバイザーが訪問。経営者や推進キーパーソンなどと意見を交換して勤務体系、人事制度、ITシステム、オフィス環境などを対象に総合的な改革をサポートする。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです