メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外広島がリーグ3連覇 9度目のV
講演

「優良種高騰を危惧」 山田元農相、種子法廃止受け /京都

 元農相で「日本の種子を守る会」顧問の山田正彦弁護士が京都市でこのほど、4月の種子法廃止による農業の影響について講演した。同法は米、麦、大豆の在来種を国が管理し、自治体に原種・原原種の維持や優良品種の普及を義務付けていた。山田氏は「主要穀物の種子が全て民間会社に任されると、農家は安く入手していた優良品種の種子を高値で購入しなければならなくなる」と訴えた。

 山田氏は2014年の世界商品種子市場で、モンサント(米国)を筆頭に海外種子メジャー上位8社の占有率…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです