メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共に生きる・トブロサルダ

大阪コリアンの目/218 /大阪

何度か通ううちに歯医者にも慣れてきた。でも、歯みがきの習慣にはまだ支援が必要だ(本文と写真の人物は関係ありません)=金光敏さん撮影

 ◆子どもの虫歯治療

食生活の乱れ、浮き彫り 子育て支援、多文化共生の視点を

 子ども食堂のスタッフから私に「フランセル、歯が痛いと泣いていますが、どうしましょうか」と、電話が入った。フランセルは私が見守りを続けている家庭の子。せっかくの週に一度の夕食会も何も食べられなかったらしい。いったん自宅まで連れて行ってもらえないかとお願いした。夜間の仕事に出る母親に代わり、救急歯科に私が連れて行くことを伝えた。

 他の仕事を終えて私が家に向かうと、母親はもういなかった。母親との電話で、前から痛がっていたこと、で…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです