メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジオパーク推進協

3つの大地、学んで 中学生向け冊子 /和歌山

中学生向けの南紀熊野ジオパークの学習ハンドブック=和歌山県庁で、山本芳博撮影

 大地の成り立ちを地質面から学び、人々の暮らしや文化との関わりを知る「ジオパーク」を中学生にも理解してもらおうと、県や紀南の市町村などでつくる「南紀熊野ジオパーク推進協議会」(会長・仁坂吉伸知事)が、中学生向けの学習ハンドブックを1万部作成した。5月から県内の中学1年生や図書館などに無償で配布している。

 ハンドブックはA4判カラー、94ページで、タイトルは「3つの大地と出会う」。第1部では、地盤が他の…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
  4. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです