メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道柔道大会

練習成果を競う 県警、500人熱戦 /島根

日ごろの訓練の成果を出そうと技をかけ合う選手たち=松江市中原町の県立武道館で、鈴木周撮影

 警察官が容疑者逮捕などの際に必要な技能を高め合う大会が5月30、31日、松江市内中原町の県立武道館であった。県下の警察職員約500人が参加。31日は柔道と剣道の試合があり、日ごろの成果を競った。

     同じ時間帯に行われた剣道と柔道。館内に竹刀が当たる音や体が畳に打ち付けられる音が響いた。柔道男子団体では選手が一本を取ると歓声が上がった。選手たちも声援に応えるように迫力のある戦いが繰り広げられた。

     柔道男子団体で優勝した警察本部Bの長尾将さん(29)=鑑識課=は「優勝を目標にしていた。練習の成果が出てうれしい。この経験は日々の仕事にいきるのではないか」と話した。【鈴木周】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]