メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多湾NEXT会議

発足 「海のゆりかご」アマモを植栽へ 環境保全活動 /福岡

 博多湾の環境保全活動などに取り組む「博多湾NEXT会議」(会長=川口栄男九州大名誉教授)が31日、発足した。福岡市と29団体・個人で構成。海を浄化し、魚の産卵場にもなる「アマモ」を植えるなどして、博多湾を「生き物が生まれ育つ場所」になるよう目指す。

 福岡市中央区で開かれた総会には約60人が参加。川…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです