メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深層・森友

/上 手書きで「削除指示」

 昨年2~3月、東京・霞が関の財務省理財局。疲れの色をにじませた佐川宣寿局長(当時)と部下の職員が、書類をにらんでいた。複数の項目が手書きの線で囲まれていた。

 書類は、近畿財務局が作成した学校法人「森友学園」との国有地取引を巡る決裁文書。学園が土地取得を希望してから売買契約が結ばれるまでの詳細な経過が記されていた。自民党の鴻池祥肇参院議員らの名も記載されていた。線で囲った部分には、こうした経過が含まれていたとみられる。

 国会では、取引に政治家や安倍晋三首相の妻昭恵氏の関与が疑われるとして野党が追及を続け、佐川氏が連日…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです