メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

カンヌ映画祭 是枝監督に最高賞 世界の心揺らす「問い」=小林祥晃(東京学芸部)

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、日本や海外の記者に囲まれる是枝裕和監督=フランス・カンヌで5月19日、小林祥晃撮影

 5月19日に閉幕した第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞のパルムドールに輝いた。日本人監督の作品としては21年ぶりの快挙だ。この作品がなぜ「世界最高峰」の映画祭で最も高い評価を得たのか。そして是枝監督は何を伝えようとしたのか。現地で感じたことや監督の言葉を振り返りながら考えてみたい。

 映画祭中盤の13日にあった公式上映後、是枝監督が日本の報道陣らに話したエピソードが印象に残っている…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2018文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです