メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

鉄鋼・アルミに追加関税発動 貿易摩擦、欧州に拡大 EUが対抗措置

 【パリ三沢耕平、ブリュッセル八田浩輔】米国が31日、欧州連合(EU)などに対して鉄鋼・アルミニウムの輸入関税を引き上げる措置に踏み切ったことを受け、EUは世界貿易機関(WTO)への提訴など、米国への対抗措置に踏み切る方針を固めた。米国は欧州車の関税引き上げなども検討しており、報復が連鎖していく最悪の展開に発展する恐れが出てきた。トランプ米政権が仕掛ける「貿易戦争」は、中国だけでなく欧州を含めた世界の巨大経済圏に戦線が拡大することになる。

 「世界の貿易にとって最悪の一日になってしまった」。EUのマルムストローム欧州委員(貿易担当)は米国の発表を受けた声明の中で落胆の意を示した。米国の措置が国際ルールに違反するとし、EUはただちにWTOに提訴し、EU市場を保護するためのセーフガードの発動など、あらゆる対抗措置を講じる方針を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです