パーデュー米農務長官

TPP復帰に言及 「対中交渉ツールとして大統領説得」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】パーデュー米農務長官は30日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への米国復帰を巡り、「米国は、北米自由貿易協定(NAFTA)や中国から成果を勝ち取る必要がある。その時点でトランプ大統領は(TPP復帰に)目を向ける気になり得る」と語った。米農業界はTPP復帰を望んでおり、それを代弁した格好だ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

あわせて読みたい

注目の特集