メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝

対立と融和70年 核・制裁、危機繰り返し 史上初の首脳会談へ、最終調整(その2止)

 ◆裏切られた国際合意

2002年

 1月、就任2年目のブッシュ米大統領は北朝鮮をイラン、イラクと共に「悪の枢軸」と呼ぶ。米朝関係は1990年代前半に続く「第2次核危機」を迎えた。

 まず浮上したのは、新たな「ウラン濃縮技術」取得疑惑だった。02年10月、北朝鮮の姜錫柱(カンソクチュ)第1外務次官が、大統領特使として訪朝したケリー国務次官補を代表とする米国代表団に、ウラン濃縮による核開発を認めた。

 米国は衝撃を受ける。北朝鮮が約束を破ったことに加え、パキスタンによって核が拡散されたためだ。当時、…

この記事は有料記事です。

残り3845文字(全文4092文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. データ「復元考えていない」と閣議決定 桜を見る会招待者名簿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです