メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

マラソン・競歩コース決定 東京の魅力、世界にアピール

 2020年東京五輪の男女マラソンと競歩のコースが決定し、大会組織委員会が31日、発表した。マラソンは主会場となる新国立競技場を発着点に、浅草や東京タワー、皇居などの観光名所を巡り、東京スカイツリーも視界に入る「伝統と現代」が融合した42・195キロで、東京の魅力を世界にアピールする。【円谷美晶】

 組織委によると、新国立競技場をスタート後に東へ向かい、東京ドームや日本橋などを通って北上し、浅草寺の雷門へ。その後は南下して銀座、新橋など都心部を抜け、東京タワーを望める芝の増上寺付近で折り返す。皇居の二重橋付近も通り、新国立競技場でフィニッシュを迎える。

 1964年東京五輪は、旧国立競技場を発着点に西へ向かい、東京都調布市の味の素スタジアム付近で折り返す巡回型コースだった。最近の国際大会は周回型が主流だが、今回も国立競技場を発着点に巡回型を採用。組織委の室伏広治スポーツ局長は「伝統的な五輪マラソンへの回帰とも言える」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです