メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者が経験したトラブルについて、意見交換する施設関係者ら=岡山県で2017年11月、消費者庁提供

 知的障害や精神障害のある人が、判断力不足から不必要な買い物をしてしまったり、不当な契約を結ばされたりするトラブルが後を絶たない。障害者が安心して消費活動をするために、どうしたらよいのだろうか。

 1年ほど前のことだ。軽度の知的障害を持つ西日本の40代女性は、1人でショッピングセンターに出かけた。ウオーターサーバーの販売コーナーで販売員から「キャンペーン中でお得」と説明を受け、納得して契約した。業者が毎月水を届けるシステムで、毎月数千円の支出になる。女性は1人暮らし。障害年金などで生活しており、経済的に余裕があるわけではなかった。

 「知的障害のある人は、人の話を信じやすい傾向があります。新しいものへの興味もあり、収入と支出のバランスを考えずに契約してしまったようです」。対応にあたった障害者支援団体・愛育会地域生活総合支援センター(徳島県松茂町)の大西克和(よしかず)次長は、こう説明する。このケースでは、大西次長らが女性と話し合い、生活に必要性が低いことを女性も認識し、契約から2~3カ月後に解約した。大西次長は「詐欺的な契約…

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文2101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです