メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
障害者が経験したトラブルについて、意見交換する施設関係者ら=岡山県で2017年11月、消費者庁提供

 知的障害や精神障害のある人が、判断力不足から不必要な買い物をしてしまったり、不当な契約を結ばされたりするトラブルが後を絶たない。障害者が安心して消費活動をするために、どうしたらよいのだろうか。

 1年ほど前のことだ。軽度の知的障害を持つ西日本の40代女性は、1人でショッピングセンターに出かけた。ウオーターサーバーの販売コーナーで販売員から「キャンペーン中でお得」と説明を受け、納得して契約した。業者が毎月水を届けるシステムで、毎月数千円の支出になる。女性は1人暮らし。障害年金などで生活しており、経済的に余裕があるわけではなかった。

 「知的障害のある人は、人の話を信じやすい傾向があります。新しいものへの興味もあり、収入と支出のバラ…

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2101文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです