メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

W杯ロシア大会 日本代表23人発表 西野J実績重視 ノーサプライズ(その1)

サッカーW杯ロシア大会の日本代表メンバー発表記者会見で質問に答える西野朗監督(左)。右は日本サッカー協会の田嶋幸三会長=東京都内のホテルで2018年5月31日午後4時17分、長谷川直亮撮影

 <Russia 2018 WorldCup>

 日本サッカー協会は31日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会(6月14日開幕)に臨む日本代表選手23人を発表した。

 前回の2014年ブラジル大会の主力だった長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)らが順当に選ばれた。槙野智章(浦和)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、柴崎岳(ヘタフェ)ら、約半数の12人は初出場となった。W杯代表は、5月21日から実施していた国内合宿に参加し、30日の壮行試合ガーナ戦に臨んだメンバー26人から選ばれた。浅野拓磨(ハノーバー)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、三竿健斗(鹿島)の3人が落選した。

 日本代表のW杯出場は6大会連続6回目。2日に事前合宿地のオーストリア・インスブルックへ向けて出発し…

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです