メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

宮城・野蒜小津波訴訟 犠牲、学校の過失確定 初の遺族側勝訴

震災当時の野蒜地区

 東日本大震災発生後に宮城県東松島市立野蒜(のびる)小学校体育館に避難して津波で死亡した住民女性(当時86歳)と、学校側の判断で帰宅し死亡した女子児童(当時9歳)の両遺族が市に計約4000万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)は30日付で、市と遺族側双方の上告を棄却する決定を出した。児童遺族に対する学校の過失を認定し、市に約2600万円を支払うよう命じた1、2審判決が確定した。

 震災の津波被災を巡り、犠牲者遺族が学校や企業などの管理者に損害賠償を求めた民事訴訟は少なくとも15…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文642文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです