アメリカンフットボール

悪質タックル 前監督の職務解任を 日大教組が要求書

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日大教職員組合(約250人)は31日、日大トップの田中英寿理事長あてに、悪質なタックルを指示したとされるアメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)の常務理事など全ての職務解任などを求める4項目の要求書を提出した。

 要求書では「抜本的な改革と再生を図るより他に道はない」と強調。人事担当の常務理事、各運動部の予算を管理…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集