アメリカンフットボール

悪質タックル 内田氏らへの告訴状を受理 警視庁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日大アメフット部の宮川泰介選手(20)による悪質タックル問題で、けがをした関西学院大選手の父が31日、日大の内田前監督と井上奨(つとむ)元コーチの2人について、警視庁調布署に傷害容疑で告訴状を提出し、受理された。同庁への取材で明らかになった。

 受理されれば捜査の義務が生じる。関係者によると、今回の…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文239文字)

あわせて読みたい

注目の特集