メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペイン

首相不信任か 1日採決、金融市場混乱の恐れも

スペインのラホイ首相=ロイター

 【パリ賀有勇】スペインの下院議会(定数350)は1日午後(日本時間1日夜)、与党・国民党(中道右派)の幹部らが関わった汚職事件に関連して提出されたラホイ首相の不信任案を採決する。スペインメディアは、不信任案を提出した野党が賛成多数を確保するだけの賛同を得たと報じており、可決されれば、最大野党の社会労働党(中道左派)のサンチェス書記長が新首相に就任する。

 ただ、社会労働党の84議席は下院の3割にも届かず、政権運営の難航は必至。政治的混乱が続いたイタリア…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文736文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです