メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京外環道

三郷南-高谷 あす半世紀越し開通

新たに三郷南IC(埼玉県三郷市)-高谷JCT(市川市)間が開通する外環道の市川南IC=千葉県市川市高谷で2018年5月25日、小林多美子撮影

 東京外郭環状道路(外環道)の三郷南インターチェンジ(IC、埼玉県三郷市)-高谷ジャンクション(JCT、千葉県市川市)間が2日午後4時に開通する。開通するのは高速道路部分15.5キロと、併走する国道298号の同県松戸市上矢切-市川市高谷間の11.4キロ。1969年に都市計画が決定してから半世紀かけての開通で、物流と観光交流の促進や、市川、松戸両市内の渋滞改善などが期待される。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  2. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです