メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城県立中央病院

勤務医23人 過労死ライン超える

茨城県立中央病院の時間外勤務実績(2017年度)。年間1146時間に達した整形外科医もいる(画像は一部加工しています)

 2次救急指定されている茨城県立中央病院(笠間市鯉淵)で2017年度、全体の約18%にあたる勤務医23人に時間外労働の「過労死ライン(月80時間)」を超える月があったことが毎日新聞が情報公開請求で入手した文書で分かった。時間外労働が年間計1146時間に上った医師もおり、医師の不足や偏在を背景に、24時間対応の総合病院で過酷な労働が常態化している現状が浮かんだ。【加藤栄】

 毎日新聞は今年4~5月に、同病院のほか、「県立こころの医療センター」(同市旭町)と「県立こども病院…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  4. 自民福井県連大会 知事選出馬意向の2氏登壇 大荒れでしこりも
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです