奈良県

せんとくん「角」の角度が!? 街頭でハプニング

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】角を誤って付けたまま街頭に出てしまったせんとくん=大笹久光撮影【右】本来のせんとくん。角は頭頂部から水平に伸びている=千脇康平撮影
【左】角を誤って付けたまま街頭に出てしまったせんとくん=大笹久光撮影【右】本来のせんとくん。角は頭頂部から水平に伸びている=千脇康平撮影

 奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」の着ぐるみが31日、頭頂部の角の取り付け方を間違ったまま、街頭イベントに登場するハプニングがあった。角は通常、頭頂部からほぼ水平に伸びているが、この日は垂直に伸びた状態で、通行人に指摘されるまで気付かなかったという。担当者は「単純ミスだった」と平謝りしている。

 イベントは世界禁煙デーに合わせて、奈良市のJR奈良駅前で行われた街頭啓発活動。31日午前8時半から9時ごろまで、同市保健所が県から着ぐるみを借り、市職員らとともにビラを配った。この日は着ぐるみに慣れていない人が準備したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文632文字)

あわせて読みたい

注目の特集