メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態統計

17年の出生率1.43 2年連続で低下

出生数と合計特殊出生率

 厚生労働省は1日、2017年の人口動態統計を公表した。合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は前年より0.01ポイント低い1.43と、2年連続で低下した。出生率は05年に過去最低の1.26を記録後、緩やかな上昇傾向にあったが、1.4台前半で頭打ちとなっている様子がうかがえる。

 一方、出生数は統計開始(1899年)以降で最少、死亡数は戦後最多となり、出生より死亡が多い「自然減」は11年連続で、減少幅は39万4373人と過去最大だった。

 出生率について年代別に05年と比べると、20代が低下し、30代は大きく伸びている。30代での出産が…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  3. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです