メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
JR北

花咲線の景勝地で徐行、乗客が車窓の眺め満喫

減速運転をする列車の出発を見送る根室市観光協会の職員ら=北海道根室市のJR根室駅で2018年6月1日午前8時25分、本間浩昭撮影

 JR北海道は1日、花咲線(根室線・釧路-根室間)の利用促進を図るため、定期列車の上下各1本について沿線の景勝地で通常の半分程度の速度で走らせる取り組みを始め、乗客は車窓からの眺めを満喫した。

 対象は釧路午前8時18分発と、根室午前8時22分発の便。「いつもの列車で観光気分」と銘打ち、エゾシカが多い別当賀-落石間(1.8キロ)とラムサール登録湿地・別寒辺牛(べかんべうし)湿原を通る厚岸-糸魚沢間(1.5キロ)で、時速約30キロで走行。本土最東端の駅「東根…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです