メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

内田前監督、日大常務理事を辞任

 日本大は1日、アメリカンフットボール部による悪質タックルの責任を取り、内田正人前監督(62)が5月30日付で、大学の常務理事職を辞任したことを明らかにした。理由は「学内外に多大な迷惑をかけた」としている。日大は事実関係の解明や再発防止策をまとめるため、元広島高検検事長の勝丸充啓弁護士を委員長とした第三者委員会を設置した。

 両案件は1日、東京都内で開かれた理事会で全会一致で了承された。東京都内で入院中の内田前監督から5月…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです