メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方法案

衆院通過 「高プロ」野党、参院も抗戦

衆院本会議で働き方改革関連法案の採決があり、賛成のため起立する(後列左から)安倍晋三首相、麻生太郎財務相ら=国会内で2018年5月31日午後2時1分、川田雅浩撮影

 安倍政権が今国会の最重要課題と位置づける働き方改革関連法案は31日、衆院本会議で自民、公明両党と日本維新の会、希望の党などの賛成多数で可決された。6月4日にも参院で審議入りする。法案の柱の一つで、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)について、立憲民主党などの野党が反対姿勢を強めるが、政府・与党は20日までの会期を延長する方針で、法案は成立する見通しだ。

 立憲の長谷川嘉一氏は本会議で、高プロについて「長時間労働を助長し、過労死が増えるのではないか、対象業務の拡大や年収要件の引き下げが行われるのではないかという懸念は、何一つ払拭(ふっしょく)されないままだ」と与党を批判。これに対し、自民の後藤茂之氏は「希望する高度専門職の方が、明確な職務範囲で高い年収を確保した上で、自ら仕事の進め方を決めて働くことができる。対象がなし崩しに拡大されることはない」と…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  2. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  3. 「考える余裕はなかった」 太平洋戦争開戦79年を前に91歳が語る予科練生活

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです