日・ベトナム首脳

中国の進出けん制 南シナ海「懸念」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は31日、ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と首相官邸で会談した。両首脳は共同声明で、中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢に懸念を表明。日米が主導する「インド太平洋戦略」を念頭に、法の支配に基づく海洋秩序の重要性を確認した。日中関係の改善が進む一方、沖縄県・尖閣諸島を巡ってはなお対立が続いており、安倍政権として海洋問題で中国をけん…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集