メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひたちなか海浜鉄道

初の単年度黒字 ネモフィラ効果も

平日でも乗客でにぎわうひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅=ひたちなか市釈迦町で

 ひたちなか海浜鉄道は31日、2万5000円の当期(最終)利益が出たとする2017年度決算を発表した。東日本大震災からの復旧工事に対する国の補助金を受け入れた11年度を除き、2008年の設立後初の単年度黒字を計上した。

     国営ひたち海浜公園(ひたちなか市馬渡)のネモフィラが大型連休中に見ごろを迎え、湊線の乗客増加に寄与したことなどから、旅客運輸収入が過去2番目に多い1億9725万円に上った。また通勤・通学定期客が前年度比99.3%と堅調だった。さらに自動車の車検に相当する「全般検査」の対象が1両のみだったことから、修繕費を抑えられた。

     吉田千秋社長は「沿線の高校への働きかけで通学定期収入は安定している。黒字決算を足がかりに新駅設置や延伸を実現し、強固な収益基盤を築きたい」と話した。【太田圭介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]