学テ英語予備調査

場面想定、表現力に力点 問題例を公表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 文部科学省は31日、5月1~31日に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の英語予備調査の問題と正答例を公表した。実際に英語を使う場面を想定し、自分の考えを自由に記述させたり、他人の会話を聞いて質問させたりするなど、コミュニケーションに必要な発信力を問う問題が出された。

 英語は2019年度から新たに学テの対象教科となる。調査は全国から抽出した136校の中学3年生を対象に、出題方法や使用する機器のトラブルの有無、難易度などを確認した。評価の対象となる4技能(読む、書く、聞く、話す)のうち「話す」は、パソコンに接続したマイク付きヘッドホンに答えを吹き込ませ、その他は筆記で答えさ…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文741文字)

あわせて読みたい

ニュース特集