盛岡塩中毒死

損賠訴訟初弁論 元経営者が虐待否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 盛岡市で2015年8月、認可外保育施設に預けられていた下坂彩心(したさか・あこ)ちゃん(当時1歳)が塩化ナトリウム中毒で死亡したのは、多量の塩を投与した虐待が原因だとして、両親が元施設経営者の吉田直子被告(34)=業務上過失致死罪で公判中=に6270万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が31日、盛岡地裁(中村恭裁判長)であった。被告は出廷せず、答弁書で「…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

ニュース特集