メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒグマ

利尻島に足跡やふん 106年ぶり、泳いできたか

海岸で見つかったクマの足跡(北海道利尻富士町提供)

 北海道・利尻島の利尻富士町の海岸で5月30日、ヒグマとみられる足跡が見つかった。島にヒグマは生息していないとされ、出没は明治時代に対岸から泳ぎ着いたヒグマが捕獲されて以来106年ぶりという。町は島民や観光客らに注意を呼び掛けている。

 道警稚内署によると、足跡は島の南岸の同町沼浦地区の砂浜で住民が見つけた。長さ約25センチ、幅約20センチで複数あった。足跡を分析した道立総合研究…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』関連作品がデジタルシングルTOP3を独占[オリコンランキング]

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです