東京五輪

マラソンコース、選手も観客も熱中症対策を

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マラソンコース
マラソンコース

 東京五輪のマラソンコースにはほとんど日陰がなく、熱中症のリスクが懸念される。午前7時にスタートしたとしても、コースの約8割で熱中症患者が急増する「厳重警戒レベル」を超える暑さになるとの研究結果もあり、選手だけでなく観客も含めた熱中症対策が必要となる。

 樫村修生・東京農業大教授(環境生理学)らの研究チームは2012~15年の7月24日~8月9日の気象データを利用し、大会期間中のマラソンコース上の「暑さ指数」を5キロごとに試算した。暑さ指数は気温や湿度、日射などを考慮して熱中症の発症リスクを示すもので、指数が28度を超えると熱中症患者が急増…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

あわせて読みたい

ニュース特集