メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

結構多いタイヤの茶色い変色! 単なる汚れではないその理由とは? 

情報提供:カートップ

老化防止剤が表面ににじみ出て化学変化しているのが原因

 新品のタイヤは黒々してきれいなのに、使用しているうちにタイヤの側面(サイドウォール)が茶色っぽく変色してくるのはなぜなのだろうか。タイヤメーカーの広報部に訊いてみた。

「一般的なタイヤの話としてお答えします。タイヤのサイドウォールの変色は、タイヤのゴムに含まれる老化防止剤が表面ににじみ出て、それが化学変化して茶色っぽく見えるのが一番の原因でしょう。ブレーキダストが付着してそれが酸化したということも考えられますが、老化防止剤の化学変化が最大の要因です」

「老化防止剤はオゾンや熱、酸化からタイヤを守る働きがあり、非常に重要な役割をしています。地域や季節、保管場所によってにじみ出る量は変わってきます。たとえばいつも西日のあたる駐車場や、水銀灯のそば高圧線のそばなどに保管場所があるクルマは比較的、茶色っぽくなりやすい傾向があります」とのこと。

 では、その変色を防いだり、変色してしまったときの対処法はあるのだろうか。

「変色自体は、基本的に安全性に問題ありません。しかし色の変化が気になる方は、『少し変色してきたな』と思った時点で、早め早めにタイヤの表面を水洗いしてください」。

「タイヤワックスや艶出し剤を使うと、たしかに表面はきれいになりますが、肝心な老化防止剤まで流れ落としてしまったり、タイヤの耐久性の面で弊害があることもあるので、洗剤も使わずに、水とブラシだけで表面の汚れやホコリを洗い流すことをオススメします」とのことだ。

 サイドウォールが茶色くなるのは、ゴムの老化防止剤が仕事をしている証拠だった。

 変色しても安全性には問題がないので、とくに気にすることはないのだが、オシャレは足もとから……という人は、駐車する場所に気を配り定期的に水洗いしてきれいな表面を保つようにしよう。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです