メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7財務相会議

米に批判集中 輸入制限、日欧加「保護主義だ」

 【ウィスラー(カナダ西部)清水憲司】日米欧の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は1日(日本時間2日)、カナダ西部ウィスラーで米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など通商問題を中心に討議した。日欧やカナダから米国の保護主義的な政策に批判が相次いだ。麻生太郎財務相は会議後、記者団に「これまではあまりないが、米国以外は全部(意見が一致する)という形になった」と述べた。

     トランプ米政権は鉄鋼・アルミの輸入急増が「国家安全保障上の脅威になる」と主張。1日には輸入制限の対象国を従来の日本などから欧州連合(EU)やカナダにも広げた。

     麻生氏はこの日の会議で「一方的で保護主義的な内向き政策はどの国の利益にもならない」と指摘。欧州やカナダも「世界貿易機関(WTO)ルールに沿っていない」「我々は同盟国であり、安全保障上の脅威にならない」などと対米批判を展開した。フランスのルメール財務相はロイター通信に「残念ながら我々は『G6プラス米国』になろうとしている」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    4. サッカー日本代表 「大迫半端ないって」は商標登録済み Tシャツ作った男性、類似品に思い複雑(スポニチ)
    5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]