メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦 第3局 右下で険しい戦い

 <大和証券>

 <先番・山下敬吾九段-本因坊文裕>

 本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=に山下敬吾九段(39)が挑戦、1勝1敗のタイで迎えた第73期本因坊決定戦七番勝負第3局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛、本因坊戦能代市実行委協力)が2日午前9時、秋田県能代市の旧料亭金勇で始まった。

 白8と両ガカリされるのをいとわないのが最近の碁だが、山下はさらに手を抜いて黒9とカケた。左下で白がハイ、黒がオサエる。山下は31分の熟考を費やし、黒17とコスミツケた。互いに相手の注文を外して、意欲的な進行となっている。白20のツケに黒21とワリコミ、両者気合の応酬で、右下から一気に険しい戦いに突入した。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです