メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
介護職員

「我慢も限界」 抱きつかれ、殴られ 現場「2人1組の体制を」

利用者から受けるセクハラや暴力の実態を話す介護福祉士の女性=東京都千代田区で2018年5月31日、手塚耕一郎撮影

 介護職員が利用者や家族から受けるセクハラやパワハラの被害が深刻だ。東京都内の有料老人ホームで働く介護福祉士の30代女性は取材に被害体験を語り「上司に相談しても対応してもらえない」と訴えた。現場からは2人で介助できる体制の整備を求める声が上がっている。【原田啓之】

 女性が最初に被害に遭ったのは、学生時代にアルバイトしていたグループホーム。施設の扉を開けようとすると、いきなり背後から認知症の60代男性に抱きつかれた。無言で見つめられ、女性は身動きできなかった。

 ベテランの女性職員は、慌てて男性を制止した後、険しい顔で女性に告げた。「隙(すき)を見せたあんたが…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文996文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 地震 大阪府北部で震度6弱
  3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]