メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職員

「我慢も限界」 抱きつかれ、殴られ 現場「2人1組の体制を」

利用者から受けるセクハラや暴力の実態を話す介護福祉士の女性=東京都千代田区で2018年5月31日、手塚耕一郎撮影

 介護職員が利用者や家族から受けるセクハラやパワハラの被害が深刻だ。東京都内の有料老人ホームで働く介護福祉士の30代女性は取材に被害体験を語り「上司に相談しても対応してもらえない」と訴えた。現場からは2人で介助できる体制の整備を求める声が上がっている。【原田啓之】

 女性が最初に被害に遭ったのは、学生時代にアルバイトしていたグループホーム。施設の扉を開けようとすると、いきなり背後から認知症の60代男性に抱きつかれた。無言で見つめられ、女性は身動きできなかった。

 ベテランの女性職員は、慌てて男性を制止した後、険しい顔で女性に告げた。「隙(すき)を見せたあんたが悪い」。まさか自分が怒られると想像していなかったが「すみません」と頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです